和倉の夕日に染まる宿 「多田屋」

和倉温泉の多田屋は温泉街から少し離れた閑静な宿で、能登湾を一望する高台に建つお宿です。 一面ガラス張りのロビーからは自然豊かな能登湾を一望でき、特に夕暮れ時にはロビーは茜色一色に染まります。 都会の騒々しさから離れて、静寂にゆったりと浸れます。

多田屋の歴史は古く、創業は明治18年(1885年)、鍋島藩最後の藩主・鍋島直虎の長女が女将を務めた歴史ある宿です。 お部屋は美しい海とお庭に面したお部屋になります。 1200年の歴史を積み重ねてきた和倉の湯。海で白鷺が身を癒す姿を不思議に思った漁師が「海の中の温泉=湧く浦(わくら)」と発見したのがその始まりです。 露天風呂からは能登湾を一望でき、海と一体となった風景が自慢です。自慢の夕景も見どころのひとつです。 大浴場は一面ガラス張りで18メートルの奥行きを誇り、広々とした大パノラマを演出します。 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(高張性弱アルカリ性高温泉)の泉質で、神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復などに効用があります。 お食事は能登の季節の移ろいごとに、四季折々のお料理を味わっていただけます。 「能登の里山里海」は2011年に日本で最初の世界農業遺産に認定されました。 綺麗な水と空気に恵まれ、お魚、お肉、お野菜、お米、塩にお酒まで全てが美味で、「能登の人間は舌が肥えすぎている」と揶揄されるほどです。 その厳選された能登の味覚を多田屋でご堪能下さい。

女将からコメントをいただきました。 「多田屋」は和倉温泉街から少し離れた場所にございますが、 七尾湾を一望できる当館のロビーや大浴場は自信をもってお客様にお勧めできます。 地元の食材にこだわった会席とともに贅沢なひと時をお過ごしくださいませ。 女将:多田 佐永子

いくつもある多田屋のおすすめのひとつにプライベート桟橋がございます。穏やかな七尾湾を五感で感じていただけます。多田屋のシンボルのひとつで、冬場を除き釣りを楽しむこともできます。釣り竿のレンタルもできますので、お気軽にお楽しみ下さい。

能登半島は自然あふれる風景と、有名なパワースポット、2015年放送のNHK連続テレビ小説のロケ地など、見所が数多く点在します。「能登の里山里海」の快適なドライブもいかかでしょうか。

●宿泊料金のご案内 汐の館(海側のお部屋) 花の館(庭園側のお部屋) 1泊2食付き 2020年10月31日(土)宿泊まで。 5名1室 平日 ¥16,150~(税込み) お食事は夕食・朝食とも個室のお食事処になります。 (予約状況によりお部屋でのお食事も可) 休前日、特定日(8月8日~15日)、小人・幼児の料金はお問い合わせ下さい。

【アクセス】 ★JR和倉温泉駅から送迎バスで10分(事前予約) ★金沢市内から「のと里山海道」経由で車で約1時間15分 ★のと里山空港から車で約50分

 

関連記事一覧