伝統のおもてなし 和倉温泉「加賀屋」

全国の旅行会社が投票する「プロが選ぶ日本のホテル・旅館」第1位

「加賀屋」は和倉温泉の中心に位置し、温泉街の中でもひときわ存在感のある建物で、和倉温泉のシンボル的な存在でもあります。 雄大な風景を存分に味わえる「雪月花」、温泉露天風呂付きの「能登渚亭」、七尾湾が一望できる「能登客殿」、そしてリーズナブルな価格で、ゆったりと温泉情緒を満喫できる「能登本陣」の4つの棟に分かれています。

和倉温泉の特徴は、国内では非常に珍しい海から湧き出る北陸地方では唯一の『海の温泉』です。そのため、塩分濃度が高いナトリウム・カルシウム-塩化物泉(高張性弱アルカリ性高温泉)です。 実際に温泉を飲むことも可能で胃腸病や貧血病などに効能があるとされています。 大浴場からは七尾湾を一望できます。

能登の海は魚介類の豊庫です。地元の人は採れる魚の種類で季節を感じるといいます。 春は鯛や、今では珍しくなったいざさ、夏はあわびやさざえ、秋には底引き網が始まります。冬は加能ガニや、脂がのったブリなどが皆様をお待ちしております。 そして昭和20年以前から栽培され、現在も主に金沢で栽培されている野菜を加賀野菜といいます。栄養価が高く、美容と健康にも効果があると注目されています。 また能登の潮風を受け、塩分が含まれた牧草で育つ能登牛は、極端なほどの霜降りがなく、あっさりとした味わいを特徴としています。きめの細かい肉質は余分な脂肪も少なく、柔らかく美味です。能登牛は現在では能登を代表するブランドとなりました。

「加賀屋」のおもてなしの心

「加賀屋」はこれまで皇室や数々の有名人をもてなしてきました。 加賀屋のおもてなしの心は、いつもお客様の満足を第一に考え動いた、故先代の女将小田孝の信条から生まれました。 小さな気くばり、心くばりを基本にした客室係のサービスと、今ではどこでも見られる習慣、女将によるお部屋回りの挨拶は、ここ加賀屋で始まりました。

ゆとりとやすらぎの和風空間「加賀屋」で最良のひとときをお過ごし下さい。

●宿泊料金のご案内 1泊2食付き 2020年9月30日(水)宿泊まで 5名1室 平日 ■雪月花  32,050円~ ■能登渚亭 26,550円~ ■能登客殿 22,150円~ お食事は雪月花、能登渚亭はお部屋にて、能登客殿はお食事処になります。 休前日、特定日(8月8日~15日)、小人・幼児の料金はお問い合わせ下さい。

【アクセス】 ★JR和倉温泉駅から送迎バスで7分 ★金沢市内から「のと里山海道」経由で車で約1時間 ★のと里山空港から車で約50分

 

関連記事一覧